フレックスタイムのメリットとデメリットとは

フレックスタイム制を採用する企業で働く場合のメリットとデメリットについて

フレックスタイム制に馴染みが無かった人へ

社員が自分の裁量によって労働時間を決めるのが可能なのがフレックスタイム制。子育てや介護との両立が図れたり、自分が仕事をする際に能率が高い時間帯に合わせて勤務ができたりします。賢く活用すれば、ワークライフバランスの充実や仕事の生産性向上が期待できます。更に詳しく確認を進めましょう。

フレックスタイムのメリットとは?

一定時間数の勤務を満たせば、働く時間を自由に決めることが可能となるフレックスタイム制。特に2019年に労働基準法改正による働き方改革の一環として、残業時間の罰則付き上限規制の法改正が行われてから注目度の高い制度です。

労働基準法によれば、所定労働時間は1日8時間かつ週40時間、他には労働時間を超えて勤務をすると時間外労働とみなされます。フレックスタイムを賢く活用すれば、自由に労働時間を決めるのが可能で、それが長めの日は有給休暇の活用もできます。

フレックスタイム制は、ワークライフバランスを整える観点でもプラスに作用します。例えば、フルタイムの勤務の人が、未就学児童のお子さんを保育所や幼稚園に預けているなら、フレックスタイム制を活用して、勤務時間の一部を送迎に充てるのが可能。その時間を早出や遅出勤務に充てて、勤務時間の調整を図ることができます。フルタイムで勤務をする子育て世帯にとっては、心強いサービスとなるのではないでしょうか。他には、時短勤務の雇用形態の人が、ダブルワークを目的にフレックスタイム制を活用するのも有効な1つの手段。

厚生労働省の平成30年就労条件総合調査の概要によれば、フレックスタイム制導入の企業の割合は全体で5.6パーセント。雇用人数が30人から99人の企業となれば3.9パーセントで、1,000人以上の企業は24.4パーセント。企業の規模が大きい所が、導入しやすい傾向なのを確認できます。

また、フレックスタイム制を有効活用することで、仕事の効率化が図れるかもしれません。メリットとデメリット、自分にとって向き不向きを決めるポイントを紹介するので、参考にしてください。

フレックスタイム制のデメリット

自由に勤務時間の裁量を決めるのが可能なフレックスタイム制ですが、できるだけ自分と企業にとってwinwinの結果にしたいはず。デメリットも確認したうえで、自分の仕事や企業経営にとって有益になるようにしましょう。また、上手に活用しやすくするための役立つ情報も伝えます。

向き不向きを見極めましょう

予め企業が勤務時間の設定をしていると、その時間内に仕事を進めるようになります。決められた時間の中で結果を出しやすい人にとっては、心強いシステムとなるはず。また、フレックスタイム制の方が向いている人のポイントも紹介するので、仕事を進めるうえで参考にするのはいかがでしょうか。


PAGE
TOP