フレックスタイム制を採用する企業で働く場合のメリットとデメリットについて

この記事をシェアする

フレックスタイム制に馴染みが無かった人へ

ワークライフバランスの充実

悪戯に勤務時間を長くして仕事中心の生活になってしまうと、却って家庭生活や自分の健康面でマイナスとなる可能性が生じかねません。フレックスタイム制を導入する企業が増えており、上手に活用ができれば仕事や生活面で良い循環を得られるでしょう。

例えば、仕事をするうえでの能率の高い時間帯は一人ひとりで異なるはず。最適な時間を中心に勤務に割り当てることができれば、生産性向上が期待できます。また、お子さんがいる世帯であれば保育園の送迎や学校行事、高齢者がいる世帯だと通院や介護などあるはず。これらの時間を調整しながら勤務が可能となれば、生活面においてプラスに作用します。

ただし、雇用人数が少ない企業や替えが利かない専門職や管理職の人であれば、フレックスタイム制の進め方だと勤務が回らないかもしれません。企業と相談しながら進めましょう。

生産性向上

勤務時間内は必ず仕事をするコアタイム制も大事ですが、フレックスタイム制の有効活用によって生産性向上が期待できます。

例えば、企業内に多くの社員が出社している状態だと、人付き合いや人混みが苦手な人にとって負担が大きいはず。管理職の立場からも十分な管理ができない状態となりかねません。フレックスタイム制であれば分散勤務が可能となり、社員一人ひとりの心理面や管理職にとっても負担が減るのが見込めます。生産性向上に伴い、企業の成果にも繋がります。より効果を高めるには、企業内の方向性を決めるのが大事。仕事を進めるうえでの目標設定が曖昧だと、却って生産性が下がりかねません。

他には、残業の軽減や節電対策といった観点でもプラスとなるはず。余計な出費を節約できるから、経済面の有効活用も図れるのではないでしょうか。



PAGE
TOP